ホームへ

【第四回ならPHOTO CONTEST】

※PDFファイルを利用するには Adobe Acrobat Reader(無償)が必要です。

募集要項(各部門共通事項)

【募集期間】
[一般の部]2020年6月1日(月)~7月31日(金)/[高校生の部][小中学生の部]2020年6月1日(月)~9月30日(水)
・受付時間:開館日の午前9時30分~午後4時30分
・上記募集期間内必着で、入江泰吉記念奈良市写真美術館宛に発送してください。上記期間および時間以外は一切受け付けません。発送業者などに配達日時を確認のうえ、発送してください。

【応募方法】
・作品の裏面に天地を明記し、応募用紙を貼付して提出してください。
・応募用紙はすべての作品に貼付してください。
・応募用紙はコピーしたものを使用しても構いません。

【応募規定】
・既発表作品も応募できますが、同時期同作品の他の公募展への二重応募は認めません。
・作品サイズ:六ツ切もしくはA4サイズ
・応募作品はプリントのみです。額装、パネル貼り、マッティング、ファイルでの応募はできません。


【結果発表・作品返却】
・選考結果は、本人へ書面にて通知します。審査結果等についてのお問い合わせには一切お答えできません。
・応募作品は返却いたしません。

[一般の部]

【テーマ】
『ならを視る』
奈良に足を運び、奈良を視て、奈良があなたに与えた感動を写真で表現してください。

【表彰】
・なら賞1名/賞状、賞金5万円、記念品
・日本経済新聞社賞1名/賞状、記念品
・入選/賞状、記念品

【審査員】
●飯沢 耕太郎(写真評論家)
●岩本 知星(華道家・一般財団法人草月会理事)
●吉川 直哉(写真家・大阪芸術大学教授)
●剣持 常幸(日本経済新聞社大阪本社写真部長)
●百々 俊二(写真家・入江泰吉記念奈良市写真美術館館長)

【審査方法】
事前審査はありません。審査員全員の協議によって選出します。

【応募条件】
国籍・プロ・アマチュア・職業は問いません。※但し、日本在住の方のみ

【応募作品】
・モノクロ・カラーを問わず、単写真もしくは3枚以下で構成される組写真でひとり5作品まで応募できます。
・応募作品は2019年4月1日~2020年7月31日の間に撮影したものに限ります。

[高校生の部][小中学生の部]

【テーマ】
『ならを写す』
あなたが自慢したい奈良を写真にしてください。

【表彰】
[高校生の部]
・わかくさ賞1名/賞状、商品券2万円分、記念品
・入選/賞状、記念品

[小中学生の部]
・バンビ賞(小学生・中学生)各1名/賞状、こども商品券5千円分、記念品
・入選/賞状、記念品

【審査員】一般来館者

【審査方法】
展覧会会期中に来館者による投票によって選出します。
投票期間:2021年2月20日~3月28日(予定)

【応募条件】
・日本に在籍の高校生・中学生・小学生。

【応募作品】
・モノクロ・カラーを問わず、単写真でひとり1作品応募できます。
・応募作品は2019年4月1日~2020年9月30日の間に撮影したものに限ります。


※PDFファイルを利用するには Adobe Acrobat Reader(無償)が必要です。